データ入稿時の注意点


基本的に入稿データは、hacolivaで編集・修正などは行いません。

頂いた入稿データをそのまま印刷しますので、デザインの向き、誤字・脱字等にご注意ください。

 

●フォントについて

・フォントは必ずアウトライン化をお願いします。

 ➡︎ アウトライン化されていない文字は、異なったフォントに置き換えられてしまう場合があります。

 

●データ全般について

・入稿データはIllustrator(aiデータ)で作成してください。

・入稿データは、フルカラー、もしくは金1色で作成して下さい。

 ➡︎ フルカラーの場合……必ずCMYKで作成し、その合計値は300%以内で作成してください。

 ➡︎ 金色の場合……スウォッチにある「金」をご使用ください。

・色の濃い紙に、薄い色を印刷すると印刷が見えにくくなります。

 ➡︎ 詳細は印刷色についてのご注意をご確認ください。

・紙の端まで印刷する場合は、必ず塗り足しを付けてください。

 ➡︎ 塗り足しは、フォーマットにある「塗り足し範囲(上下左右3mm)」まで伸ばしてください。

・小さすぎる文字、細すぎる線はうまく印刷されません。

 ➡︎ 文字は6pt以上、線は濃い色で0.3pt以上、薄い色は0.7pt以上を推奨します。

 

●配置画像について

・画像のカラーモードは、CMYKのみでお願い致します。

・画像は原寸サイズで解像度350dpi程度を目安に作成ください。

・画像は配置し、配置した画像データはフォーマットと同じフォルダに入れて入稿してください。

 (画像の埋め込みはしないでください。)

 

●箱印刷について

・箱の折線部分に印刷やベタ塗りがあるデザインは推奨しません。

 ➡︎ 外箱を組み立てた際に折線部分の印刷が剥がれ、ひび割れのようになってしまう場合があります。(図1)

  (薄い色の印刷であれば、比較的ひび割れは目立ちにくいです。)

・図2を参考に、デザイン(組み立て後)の向きにご注意ください。

 


図1

全面ベタ塗りのため、印刷が剥がれ白の紙の色が見えています。

図2

各面それぞれに文字やデザインを入れる場合、組み立て後の天地にご注意ください。